本社工場・研究所  Address :〒211-8675 川崎市中原区市ノ坪160番地 Phone :(044)411-2191
 本社鉄道事業本部  Address :〒211-0012 川崎市中原区中丸子1225番地 Phone :(044)411-2194
 Home>製品情報>鉄道製品>低温ボンド
 レールボンド Rail Bond
 ○ 低温ボンド

低温溶接ボンドは、当社の創製品です。

原理としては、レールとボンド端子を、当社オリジナルの低温溶接ロウで、溶接するものです。

約250℃の低温でレールに溶接するため、高温溶接に見られるレールの融損・導体の損傷等がありません。

普通レールはもちろん、特殊レール(焼き入れ・高マンガン鋼レール等)にも安心してお使いいただけます。

 現在、全国の公営鉄道・民営鉄道でこの特性を認められ広くご利用いただいております。


【CV型】 レールボンド中央部の形状がV字でレール頭部に取付けるもの


【CL型】 直線の長物でレール腹部に取付けるもの


【CZ型】 片側のみ端子が付き、もう一方はIV線等が接続される

取付け位置と使用区間
【レールボンド】
名 称 形 状 種 類 取付箇所 使 用 区 間
レールボンド CV1形 CV1B−15−230
CV1B−15−430
レール頭部に取付け 直流電化区間の単軌条箇所及び
交流電化区間、非電化区間
CV1B−55−280
CV1B−55−500
直流電化区間
CL形 CLB−15−600
CLB−15−1200
CLB−15−1500
レール腹部に取付け 直流電化区間の単軌条箇所及び
交流電化区間、非電化区間の
分岐器部分及びEJ箇所
CLB−55−600
CLB−100−1200
CLB−100−1500
直流電化区間の分岐器部分
及びEJ箇所
【軌道回路送着ボンド】
名 称 種 類 取り付箇所 使用区間
軌道回路送着ボンド CZ-110-270T レール腹部
に取付け
直流電化区間でレール移動量の多い箇所
CZ-110-270
CZ-110-300T 直流電化区間、新幹線のジャンパー線、
クロスボンド及びレール移動量の少ない箇
CZ-110-300
CZ-22-420T 交流電化区間の送着電及びジャンパー線、
クロスボンド
CZ-22-420